picture-blog

日々の生活の場面を愛用カメラで写してます。

雑草を撮る

雑草

先日の日曜日はさいたま市に引っ越してきて二週目の決して晴れてはないですが、気持ちよの良い昼下がりです。


はじめて近所探検も兼ねて散歩にでかけてみました。


グーグルマップで核にすると近くで細い川が流れているようで、そっちのほうに向かうことにしました。


ですが、江戸川区に長く住んでいて、今回初めてさいたまに来ましたがなんでしょう。道が狭い、幹線道路はバカ広いなんて両極端な町なんでしょうか。。。


広い道はそれなりに気持ちが良いのですが、車となると面倒な街並みです。
ちょっと路地に入ると狭い道ばかりが続き車のスライドにも一苦労するという状況です。


話は戻り、川沿いを歩けるようになっていました。
いつものカメラを首から下げて歩き出しました。


道沿いにはいろいろな素材がたくさん、川はというと、、、ドブ川のように濁っており、決して切れない景観とは言えないものでした。


その中で、長年カメラを首からぶら下げて散歩している者として、気付いてしまったのが、雑草って撮ったことない。。。


雑草を撮ってみようと思い立ったんですが、いざ撮ってみると難しいことに気付く!
どの構図でどの角度から撮るべきなのか、そしてどう撮れば納得いくんだろう。。。


正解がないわけですよね。花なら、花にピントを合わせて少々オフセットに撮るというのが定説のような気がしますが、雑草は一面雑草w


なにをどう撮ればいいのかしばし撮ること数十枚。


どれも納得いくものではなく、しかし生命の息吹は確実に感じ取りながら、10分ほど格闘のすえ、撮れたのがアップした雑草であります。


改めて難しいことに気付いた瞬間でした。
草 雑草を撮るなんてすることもないですからね。
楽しい休日でした^^


また来週



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。